So-net無料ブログ作成

銀行印を作り替えませんか [印鑑]

銀行印を作り替えませんか
まだ100円ショップや駅の売店の印鑑で 銀行登録をしていませんか
プラスティックを型に流し込んだ印鑑は同じものが何十本もあります 非常に危険な状態です
ここらできちんとした印鑑に変えませんか

12㍉ 銀行印(苗字のみか 名前のみ)
柘植     ¥5000.
水牛     ¥10,000.
オランダ水牛 ¥14,000.
象牙     ¥25,000.


プロの印鑑店
スピード センス 専 勝 堂
http://senshodo.la.coocan.jp/

印鑑のはなし ④ [印鑑]

皆さんは印鑑の長さをご存じでしょうか
40年ほど前は4.5センチが標準でしたが 今は6.0センチが標準です
(こちらのほうが押しやすいですよね)
それと昔の印鑑にはキャップがついていましたが 今はほとんどついていません
このキャップ 結構値がかかるんです
たとえば象牙の印鑑 キャップをつけると 印材の値段はほぼ倍になります
象牙のブロックを削るわけですから それぐらいはかかるんでしょうが 
お金と材料の無駄を省くため今はほとんどキャップなしが一般的です
まあ印鑑ケースに入れておけば欠けることはありません
(小銭の入った財布には絶対入れないでください)
昔のはんこでこのキャップが抜けなくなった時は冷蔵庫で冷やしてください 温めてはいけません

創業70年 プロの印鑑店
スピード センス 専 勝 堂
ナインモール東入口
TEL06-6581-2785
FAX06-6581-2927

はんこの材料 [印鑑]

はんこの材料には 昔から 柘植 水牛 象牙 がよく使われます

柘植(つげ)は女の人の櫛や将棋の駒でも有名です
国産の柘植と南洋材のシャム柘植があります
もちろん国産の柘植のほうが目がつんでいて材料としては上です
御蔵島の柘植で作られた盛上げの将棋の駒などは50万円から100万円ほどします

水牛(すいぎゅう)は黒い色の黒水牛と きれいなあめ色をしたオランダ水牛の2種類があります
牛の角の部分です オランダ水牛はいろんな色合いがあり1本1本見た目が違います
値段はオランダ水牛のほうが5割ほど高くなります
普通芯もちといい 中心部分を使いますが 安い店では芯からはずれた材料を使うこともあるみたいですし
粉末を固めた材料もあるみたいです

象牙(ぞうげ)は象の牙から取ります 印材としては最高品です
でも材料はピンからキリまであります 象牙の牙自体 良い牙 悪い牙がありますし
また1本の牙からでも取る部分により 良い材料 悪い材料ができます
牙の中心に近い部分から取れば 目のつんだねばりのある材料がとれますが
端の部分にいくほど 目の粗いさくい材料になります
1本の牙から 良い印材も 良くない印材もでてくるわけです
朱肉によくなじみ永く使うと朱が上のほうに登ります

創業70年 プロの印鑑店
スピード センス 専 勝 堂
ナインモール東入口
TEL06-6581-2785
FAX06-6581-2927

印鑑のはなし③ [印鑑]

知識のないチェーン店でよく起こす間違いです 
名前を横に彫った場合 右から左へ彫ります 
山田という名前を横に字入れする場合 田山となるのが正しい 
ようするに印鑑の場合は列ではなく行としてみます 縦書きの文章としてみるわけです 
本でも縦書きは右から書きます ところがお客さんが原稿を書く場合 よく横書きで書きます
これをそのままの順で作ってしまうことがよくあります
また会社の代表者印には個人名は入れないものです 
こんな基本が出来ない印鑑店がよく見受けられるのは悲しいことです 
何回も書きますが お客様は印鑑の素人です 
ちゃんとした店で注文しないと とんでもない印鑑が出来上がります

創業70年 プロの印鑑店
スピード センス 専 勝 堂
TEL06-6581-2785
FAX06-6581-2927

印鑑になりにくい名前 [印鑑]

先週 このブログを見て注文に来てくれたお客さんがいた
新聞や週刊誌に載っている印鑑の宣伝の印影に違和感を感じ取れる(下手だと感じ取れる)お客さんであった
しかし 姓名を書いてもらいドキッとする 苗字が3文字 名前が1文字 その上 苗字は画数が多くて 名前は画数が少ない はっきり言ってはんこにならない
苗字名前は 画数が似ているほうが そして左右同形の文字のほうが はんこは見栄えがする
でも せっかく遠くから来て頂いたお客さんだ ことわるわけにはいかない
はんを彫る職人と30分ほど あーしたらどうだろう こーしたらどうだろうと意見を述べ合った
実際 彫りあがったはんこを見るまで 自信はなかった もし出来が悪ければ すなおに謝り 返金しようと思っていた
幸い すばらしい印鑑が出来上がった 残念なことは これだけのはんが出来るなら 象牙で注文してくれていたらなーと思ったことだけだ

スピード センス SENSHODO
大阪市西区ナインモール九条東入口
tel06-6581-2785
fax06-6581-2927

印鑑のはなし② [印鑑]

銀行印 銀行に口座を作るときに使用する印鑑です 
これも自分のお金を管理するものですから大事な印鑑です 
こちらも通帳とは別々の場所に保管してください
個人の銀行印は普通苗字を彫ります 赤ちゃんの場合は名前で彫ることが多いです
最近の通帳は印影を載せませんのでご注意ください
認印 こちらは回覧板に押したり 出勤簿に押したり 荷物の受取等 かなりの頻度で使います 
予算がなければ既製品のはんこでもよいでしょう
実印 銀行印は別注がよいでしょう しかも手彫りをお薦めします 
機械彫りでは同じ印鑑を製造される危険性があります

スピード センス SENSHODO
大阪市西区ナインモール九条東入口
tel06-6581-2785
fax06-6581-2927

印鑑のはなし① [印鑑]

普通個人の持つ印鑑には 実印 銀行印 認印の3種類があります
まず 実印について説明します
役所に印鑑登録の届けをだした印鑑のことです
自分のとった行動を自分がしたものであるという証明をするものです たとえば家を買う 車やマンションのローンを組む時など 自分がこの行動に責任を持つという証明です
書類に印鑑を押し 役所で印鑑証明を発行してもらい 書類に添付します
一番大事なはんこです 他人に貸したり預かってもらったりするものではありません
他人がはんこをついても あなたが全責任をとらなければなりません 
なるべく印鑑と登録カードは別々に保管しましょう
それと実印は個人に1本です 旦那さんが持っているからといって 奥さんの実印にはなりません 
家族一人ひとりが1本持つものです 普通 苗字と名前を彫刻します

スピード センス SENSHODO
大阪市西区ナインモール九条東入口
tel06-6581-2785
fax06-6581-2927

手彫り印鑑 4 [印鑑]

2006929161441mh4sg.jpg
週刊誌や新聞に載っている宣伝の印影が驚くほど下手なのは もちろん機械彫りだから仕方がないのですが 上手い下手を感じないお客さんから注文を取れるということです
宣伝に載せた印影が上手なものであり 出来上がった印鑑が下手であればクレームが出ます
ようするに宣伝に載せた印鑑を下手と感じないお客さんから注文を取れます
値段だけを見て注文をするお客さんが相手ですから 上手い下手のクレームはでません
しかし 印鑑は貴方の分身です どう考えますか
文字というものはその前後または左右の文字によって変化します
ところがコンピューターで入れた文字は常に一手です 隣の文字がなんであっても同じです
昔の名筆を見てください 弘法大師でも王義之でも結構です 近くに同じ文字があれば意識的に形を変えております このように文字は常に変化します
そのような芸術性を当店では大切にしています

スピード センス SENSHODO
大阪市西区ナインモール九条東入口
tel06-6581-2785
fax06-6581-2927 

手彫り印鑑 3 [印鑑]

2006930100250LGsRF.jpg
ひとつ注意しなければならないのは お客様は印鑑の素人だということです
人生で実印は1本しか(1回しか)注文をしません 他人の印鑑をあまり見たことがありません
印鑑の上手い下手がわかりませんし どんな時にどんな印鑑を使用するかもわかっていません
新聞や週刊誌に載っている宣伝 どうしてこんな失敗の印鑑を宣伝に使うのだろうと思っていました
この話は次回に

スピード センス SENSHODO
大阪市西区ナインモール九条東入口
tel06-6581-2785
fax06-6581-2927

手彫り印鑑 2 [印鑑]

200610193110HCpNC.jpg
手彫りの場合 材料によって彫刻料は変わってきます
柘植の彫刻料の倍が水牛の彫刻料 水牛の彫刻料の倍が象牙の彫刻料
ようするに職人の手間賃が変わります 印材が変われば性質が変わりますし 同じ印材でも1本1本違いがあります 1本のなかでも目のつんだ箇所 つんでいない箇所があります
技術が要りますし手間も違います
一方機械で彫っているお店は なにを彫っても同じです 機械は印材を区別しません
これが機械彫りの店が安い一因です

スピード センス SENSHODO
大阪市西区ナインモール九条東入口
tel06-6581-2785
fax06-6581-2927 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。